FXツールシグナル配信 スプレッドで選ぶFX業者 スワップ金利で選ぶFX業者
東大FXシグナル配信
↑クリックで拡大↑
東大FXが推奨するFXプライムぱっと見テクニカルツール
ぱっと見テクニカルの説明
DMMFX 最狭スプレッド フォーランド 最強買スワップ金利
ドル円0.4銭/ユーロ円0.8銭
ポンド円1.3銭/豪ドル円1.2銭
ドル円4/ユーロ円4/NZドル円48
ポンド円13/豪ドル円88
GMOクリック証券 5千円 DMMFX 最強売スワップ金利
ドル円0.4銭/ユーロ円0.8銭
ポンド円1.3銭/豪ドル円1.2銭
ドル円-1/ユーロ円-1/NZドル円-31
ポンド円-7/豪ドル円-70
FXプライム スプ固定最強 FXプライム ボーナスキャンペーン中
スプレッドが広がりにくい事で評判が高い伊藤忠系FX業者 ドル円2/ユーロ円1/NZドル円45
ポンド円17/豪ドル円84
キャッシュバック比較 東大式スプレッド比較表 東大式スワップ金利比較表

2010年09月

 

2010年09月28日

 
おはようございます。
東大卒FXディーラーの無料FXシグナル配信です。

NY時間では目立った材料なく、小動きとなりました。
ユーロドルは1.3500にあった大量のストップをつけに行く動きとなり1.3507まで上昇したものの、その後は1.3450近辺まで下落しています。
そんななか、昨日は豪ドルが強さを見せました。
一時0.9640レベルまで上昇し、東大卒FXディーラーが売りオーダーを置いている0.9680まであと40pipsと迫りました。

NY市場後半には、昨日も最高値を更新した金に利益確定が出たり、他にもロンドン時間に銀価格が30年ぶりの高値を付けた後はさすがに利益確定の売りが出て価格が下落。
ここからドル買いに波及したようですが大きな動きとはなっていません。

強いトレンドの中では、利益確定をこなしながら上昇して行くことが多く、現在のマーケットもしかりです。
マーケットによってはテーマがコロコロ変わるものですが、最近は全く変わらず日々、ドル売りがテーマとなっています。

というわけで東大卒FXディーラーは豪ドルのロングをキープです。
豪ドルがストップオーダーを巻き込んで急上昇する局面があれば一旦利食いを入れてもいい水準まできているかな、と考えていますが、とりあえずオーダーは今のままで行きます。

◇◆無料FXシグナル配信◆◇
豪ドル/ドル ロング@0.9557
売りオーダー:0.9680
ストップロスオーダー:0.9470


↓無料FXシグナル配信は皆様のクリックが力の源↓
無料FXシグナル配信ブログランキング2 無料FXシグナル配信ブログランキング3 人気ブログランキングへ

   東大卒 06:37コメント(0)トラックバック(0)東大卒の最新FX相場情報 
 
 
 

2010年09月27日

 
今晩は。
東大卒FXディーラーの無料FXシグナル配信です。

非常に緩慢なマーケットですが、ドル売りの流れは変わっていません。
ドル円もじりじりと下落していますね。

最近世間、特に日本国民を挑発して騒がせている中国ですが、日本人としては本当に悔しいですね。
これ以上調子に乗らせないよう、日本政府には断固たる態度で臨んでほしいものです。

先週末には、米国で人民元をなかなか引き上げない中国に対して、対中制裁案が可決したばかりなのに、本日は人民元のレートを引き下げてきました。
米国に対しても相当強気です。

このように、経済大国になって発言力の増している中国ですが、経済政策に関しては相当に日本の過去を研究しています。

特に、不動産バブルへの対応です。

中国では不動産価格が完全にバブっているのですが、バブルが崩壊して日本のように失われた10年、20年とならないようにかなり研究しているようです。

バブルが進行しないように、貸出規制をするなどしてバブルをコントロールしようとしているのです。

そのため、最近アジア各国の株価が高騰を続けるなか、上海株はなかなか上昇しませんが、中国政府が様々なバブル抑制策を打っているからなのです。
今のところうまくバブルをコントロールしていると言えるでしょう。

国民性といい、政府の政策、外交といい、したたかさの際立つ中国から今後も目が離せません。

◇◆無料FXシグナル配信◆◇
豪ドル/ドル ロング@0.9557
売りオーダー:0.9680
ストップロスオーダー:0.9470


↓無料FXシグナル配信は皆様のクリックが力の源↓
無料FXシグナル配信ブログランキング2 無料FXシグナル配信ブログランキング3 人気ブログランキングへ




   東大卒 22:10コメント(2)トラックバック(0)東大卒の最新FX相場情報 
 
 
 
おはようございます。
東大卒FXディーラーの無料FXシグナル配信です。

先週金曜日のNY時間には、米耐久財受注のやや強めの内容を受けて、株式市場が大幅に上昇し、リスク選好の流れの中、やはりドル売りが進みました。

先週の米指標に対する反応ですが、米指標が強いとリスク選好からドル売り、米指標が弱いと米景気悪化懸念からのドル売りと、どちらに出てもマーケットはドル売りで反応するパターンが散見されました。

これは、ドル安への強いトレンドを表していると言えるでしょう。

しばらくドル売りが続いてきたこともあり、高値警戒感から今週は利食いに押される場面もありそうですが、基本的な流れは変わっていないと思います。

逆に、米経済指標に対する反応がドル売り傾向ではなく、ドル買い傾向になった場合は注意が必要です。ドル売りの本格調整相場(すなわちドル買い相場)入りのサインとなる可能性があります。

経済指標は数字そのものよりも、経済指標が出た後の値動きの方が重要です。

今日の東京ロンドンマーケットでは、人民元の動向に注目が集まります。
金曜日に米下院で対中国制裁案が可決していますので、米国の圧力から人民元が上昇すれば、相関性の比較的高い豪ドルのさらなる上昇も期待できるでしょう。

◇◆無料FXシグナル配信◆◇
豪ドル/ドル ロング@0.9557
売りオーダー:0.9680
ストップロスオーダー:0.9470


↓無料FXシグナル配信は皆様のクリックが力の源↓
無料FXシグナル配信ブログランキング2 無料FXシグナル配信ブログランキング3 人気ブログランキングへ

   東大卒 06:28コメント(0)トラックバック(0)東大卒の最新FX相場情報 
 
 
 

2010年09月25日

 
東大式 最新スワップ金利比較表

こんにちは。
東大卒FXディーラーです。

9月17日のモーニングコメントでお勧めしているように、現在のマーケット環境はキャリートレードに有利な環境となっています。

リーマンショック直後には激しい値動きをしていた南アフリカランド円の月足チャートを見ていただければわかるように、非常に狭い値幅で上下しています。
⇒ 南アフリカランド/円 月足チャート
こういったボラティリティの低い環境では、キャリートレードの弱点である、原資産の値下がりによるキャピタルロス(為替差損)が出にくくなるため、日々のインカムゲイン(スワップ収入)をリスクの少ない状況で受け取れることになります。

ここに目をつけて世界中の投資家がキャリートレードを始めることで、キャピタルロスどころかキャピタルゲインまで実現するという好循環が生まれるのです。

また、アメリカ、ユーロ圏、そして日本など主要先進国はリーマンショックやユーロ危機で傷んだ経済を立て直すべく、通貨切り下げ競争をしている状況のなか、新興国は、すでにリーマンショックから立ち直り、引き下げていた政策金利を上昇させてきています。
⇒ こちらでも解説しています

まとめると、
①リスク資産のボラティリティが低下している。
②新興国の金利は今後も上昇するが、先進国は当面超低金利を維持する。

以上の2点から、現在の環境はキャリートレードに非常に有利な環境といえるのです。

現在のドル安にしても、世界中の投資家が対ドルでのキャリーポジションを構築し始めていることが大きな要因の一つとなっています。

介入期待からドル円の下値が限定的となった今、対円でのキャリーポジションも同じように積み上がっていくでしょう。

リーマンショック、ユーロ危機と、マーケットを震撼させてきましたが、いずれも何十年に一度の大ショックです。
しばらくはこのようなショックは訪れないと考えるのが普通です。
怪しくなったら撤退すればいいのです。

東大卒の無料FXシグナル配信では、長期ポジションとなるキャリートレードのサインを出す予定はありませんが、マーケット環境がキャリートレードに有利なのか否かについては、適宜お伝えしていきたいと思います。

最新のスワップ比較表をアップデートしています。 
⇒ 東大式 最新スワップ金利比較表

↓おかげさまでランキング上昇中!↓
無料FXシグナル配信ブログランキング2 無料FXシグナル配信ブログランキング3 人気ブログランキングへ

   東大卒 12:17コメント(0)トラックバック(0)マーケット関係者の話題東大卒の無料FXシグナル配信 
 
 
 

2010年09月24日

 
今晩は。
東大卒FXディーラーの無料FXシグナル配信です。

今日の話題はなんといっても介入でしょう。
午前中注目されていたのは菅オバマの日米首脳会談。
ここでオバマ大統領から、介入について否定的なコメントが出れば介入期待は後退。逆にノーコメントなら介入期待が高まるとの思惑で注目されました。

出てきた結果はノーコメント。

そして、お昼休みが終わった13時過ぎに突如ドル円が上昇しました。

ひたすら緩慢な値動きから突如のドル買いに、すわ介入かと思ってみていると、そのまま85.00のストップをつけ、乱高下しながらも高値85.40までつけました。

介入が入ったのか入っていないのか、確信できるマーケット参加者は皆無にもかかわらず、各メディアは我先に "政府、日銀による介入の模様 by 市場筋"
と報じました。

さらに、野田財務大臣以下、当局要人は口を揃えて"コメントしない"とのコメント。

さすがに介入してないなんて言ったらタコ売りされるのは目に見えているのでこう言うしか無いですよね。

覆面介入に作戦変更では、なんていう人もいるみたいですが、あのレベルで入る必要も無いし、その後の下落を見れば介入が入っていないのは間違いないでしょう。

ただ、マーケットが疑心暗鬼になっていることも間違いないので、似たような仕掛けが入る可能性があります。

しかしながら、介入か!と上値を買いに回り、大きな損を出したトレーダーも多いので、この記憶の新しいうちに介入が入れば、非常に効果の高いものとなりそうです。

ドル円が再度急上昇したときに、またか、と思わずについて行けば、思わぬ収益となるかもしれません。

ロンドン市場では、ユーロ圏の指標の中では比較的注目度の高い独IFO景況感指数が予想比強く、ユーロ買いドル売りとなったことをきっかけにドル売りが進行しました。

やはりリスク回避的な相場は長続きしませんでしたね。
軽くリスク選好地合いの中、ドル売りが進む環境に変わりはないでしょう。

東大卒FXディーラーがロングしている豪ドル/ドルは、ストップ間際まで追いつめられましたが、そこから切り返し、0.9550近辺まで戻してきています。
豪ドル/ドルのヘッジのためにショートにしていたドル円は84.65でストップロスオーダーがついたため、-16pipsとなりました。

このヘッジポジションをとった代わりに、豪ドルのストップを一時的に下げていたので、大正解のポジショニングでした。

豪ドルのストップオーダーは元の0.9470に戻します。

◇◆無料FXシグナル配信◆◇
豪ドル/ドル ロング@0.9557
売りオーダー:0.9680
ストップロスオーダー:0.9470


↓無料FXシグナル配信は皆様のクリックが力の源↓
無料FXシグナル配信ブログランキング2 無料FXシグナル配信ブログランキング3 人気ブログランキングへ

   東大卒 21:10コメント(0)トラックバック(0)東大卒の最新FX相場情報東大卒の無料FXシグナル配信 
 
 
東大卒スワップ金利最強FX業者

スワップ金利業界最高水準
スワップポイントのみ出金可能
入出金24時間可能/無料
35種のチャート分析ツール装備
FX-Weekで最強と評されたツール
ドル円0.6銭原則固定
現在最もスプレッドが低いFX業者

スプレッド原則固定
ドル円0.19銭・ユーロ円0.79銭
ポン円1.29銭・豪ドル円1.19銭
ユーロドル0.59pips
業界初スプレッド4桁表示
1通貨から取引可能
東大卒がランキングに挑戦
無料FXシグナル配信ブログランキング2 無料FXシグナル配信ブログランキング1
無料FXシグナル配信ブログランキング3 無料FXシグナル配信ブログランキング4
東大卒FXシグナル配信結果
東大卒プロFXディーラーの
無料FXシグナル配信結果
獲得Pips合計 +245
勝負数 68
勝ち 28
負け 40

⇒ 詳細のFXシグナル配信結果
東大卒のベストFX業者
婚活ならFacebookのペアーズとomiai
QRコード
QRコード
 
  • ライブドアブログ